住宅ローン借り換えの審査に通るには?

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。
ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
住宅の価値を重視して審査を行います。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。

審査通るのに頭金はいくら必要?年収と頭金!【住宅ローン審査のコツ!】