銀行からお金を借りることのメリットとデメリットとは

個人ではなかなか「銀行からお金を借りる」という状況にはなりにくいかもしれませんが、例えば住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどはこれに含まれます。
銀行からお金を借りるという行為には、メリットとデメリットがあります。
まずはメリットですが、これは他にお金を貸してくれる消費者金融会社や信販会社などに比べて、圧倒的に金利が低いことです。
ですから、大きな額の融資を受ける際に向いており、事業主などが融資を受けるのにも向いていると言えるでしょう。
これに対しデメリットは、融資の申し込みから実際に融資を受けるまでの時間が数ヶ月と、かなり長いことです。
急に現金が必要になり、融資を急いでいる方にはあまりお薦め出来ません。
このように、銀行からの融資にはメリットとデメリットがあり、長期的な返済計画を立てて、大金を借りようとしている方には最適な方法ですが、短期で少額の融資を求めるのならば、消費者金融などを利用するのが賢明です。