アスタリフト落とし穴を検証!対象としている年齢層は?

アスタリフトのCMには、発売当初、松田聖子さんと中島みゆきさんの2人が起用されていました。

ということは、アスタリフトがターゲットとしている年齢層は40代から50代ということなのでしょうか。

この2人のファンの年齢層というのは少し異なっているように思えますが、エイジングケアに力を入れたアスタリフトが狙ったのが、ちょうどこうした年齢層の女性だったといえるでしょう。

これは、アスタリフトがターゲットとする年齢層を若干引き下げ、より幅の広い年齢層にも使ってもらいたいという意図の表れであるようにも感じられます。

実際にアスタリフトを使っている女性の年齢層というのはどうなっているのでしょう。

クチコミサイトなどを見ていると、20代から50代まで、実にさまさた世代の人がアスタリフトを使っていることがわかります。

クチコミを見ていると、20代前半くらいの女性では、アスタリフトについて「ベタベタする感じ」「テカリが出た」という感想も多く見られるのに対して、30代以降の女性には、その保湿力の高さと浸透力を高く評価する口コミが多いようです。

この点から考えても、アスタリフトは年齢層の若干高い女性向けの化粧品だと言えるかもしれません。

現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉の季節が近づいてくると、敏感肌になり肌トラブルが起こります。

そういったことで、この時期にメイクを濃くすると一層悪化してしまうので、ナチュラルメイクで過ごすようにしています。

アイメイクくらいはしたほうがいいかとも思いますが、敏感な肌になっているため、目がより痒くなり、絶対にできないのです。

お肌にシミができてしまうと、いいものではありませんよね。

私はアスタリフトホワイトを活用するスキンケアにプラセンタ美容液を取り入れているのです。

洗顔後のお肌に最初によく染み込ませてから、潤ってから化粧水、乳液などをつけます。

プラセンタ美容液にお世話になり始めてからというもの、肌にぐっと透明感が出てきて、しつこいシミも色がずっと薄くなってきました。

お顔にシミが目立ってくると、実際の年齢より老けて見られるようになります。

加齢が進むにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので紫外線を防ぐのはもちろん、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、どんどん摂るようにしてください。

30歳を前に仕事の責任も増し、帰宅してメイクを落としたらすぐ寝るような生活を続けていました。

化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌の違いに落ち込んでしまいました。

肩凝りもひどかったので血行が悪かったのでしょう。

すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、徹夜ですかと聞かれそうなくらいでした。

でも、おかげで、気づくことができたんです。

これでは肌も心も栄養をなくして枯れてしまうような気がして、疲れても美容に時間をかけていると、気持ちも肌もリセットされていくのです。

ハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと決心しました。

時間を巻き戻すのに比べたら現実的ですから。

私の母が朝洗顔するときは、洗顔フォーム類は使用しません。

母は水だけで顔を洗うことにしています。

母が言うのには、石鹸や洗顔フォームで洗顔すると、お肌に必要な皮脂も全て落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけの方がいいと、石鹸いらない説をよく話します。

そんな母のお肌は65歳に見えないほどつるつるしています。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間が肌にとっては特別大事な時間になります。

お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、水を撒くたらどんどん吸い込んでいく砂漠みたいな状態にあるのです。

短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。

洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとり肌にたっぷりとアスタリフトホワイトの化粧水を吸わせてあげてほしいです。

参照:アスタリフトホワイト落とし穴って?危険成分ある?【本音レポ】

もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいという話を、聞いたことはないでしょうか。

肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みのある場合と比べ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌のハリツヤが失われます。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

お肌の老化をケアするには自分のお肌のタイプに合った基礎アスタリフトホワイトの化粧水をチョイスすべきだと思われます。

自分だけでは決めかねる場合は、店頭の美容スタッフにたずねてみてもいいと思います。

自分ではなかなか決心つかない時にはちょくちょく活用しています。

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

その具体例として挙げられるのは、最近になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいのもこのシミの特徴です。

感じやすい肌だと化粧品を一つ選び出すにしてもどうして良いか迷いますよね。

特に肌に塗ることの多いクレンジングはまた一段とです。

敏感なお肌な方にお薦めするのがクレンジング用乳液です。

これだと皮膚への害があまりない。

商品量が多数なので、皮膚も張りにくいですし、潤いも失われないままでいられます。

美容の成分、ヒアルロン酸は人間の体内にも含有されているタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」に含有される酸です。

とても水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、大体、間違いなくヒアルロン酸が入れられています。

年齢に従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。