フリーローンは金利が高くなる?

フリーローンは使途に制限がないキャッシングローンのため、融資を受ければ自由に資金を利用することができます。
フリーローンには無担保型と有担保型の2つの種類があり、無担保型は担保を必要としないので、金利の設定は高めです。
有担保型は担保を必要とするため、金利が低くめに設定されています。
また融資金額の上限も無担保型より高くなっています。
メリットは身分証明証があればすぐに利用することができるため、審査に通りやすい点です。
逆にデメリットは、住宅ローンやカーローンといった目的別のローンと比べて金利が高いという点です。
どれぐらいの差があるかというと、目的別ローンは一般的に2パーセントから3パーセントの金利ですがフリーローンの場合は15パーセント以上というのがほとんどです。
さらに、一度にまとまった融資を受けて、後は返済をするという形のため、新たに融資を受ける時には再度、業者との契約が必要になるということになります。
外国人が住宅ローンの審査に通るには?