ETCカードの解約には2パターンあります。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車が必要なくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分を切断するように真二つにハサミを入れ、外から見えないようにした後に燃えるゴミとして処分してください。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

他のレンタカーなどでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては複数車両で利用するときの登録は不要になります。

皆さんは普段、高速道路を通行する際にETCカードは利用されていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が適用されない区間でも多くの方が経験したことのある料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

ETCカードを挿入したままにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一度落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元のクレカ会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

サブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを申し込もうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生にクレカはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分をチェックしてカードを申し込みましたか?

参考:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは

クレカの新規申し込み時に同時に発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC利用時の付与率は少なくなっていることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。